「<自選自解>平畑静塔句集」平畑静塔・著 昭和60年初版 白鳳社<署名入り>
58ff046f1a704b29e200030d 58ff046f1a704b29e200030d 58ff046f1a704b29e200030d 58ff046f1a704b29e200030d 58ff046f1a704b29e200030d 58ff046f1a704b29e200030d 58ff046f1a704b29e200030d 58ff046f1a704b29e200030d 58ff046f1a704b29e200030d

「<自選自解>平畑静塔句集」平畑静塔・著 昭和60年初版 白鳳社<署名入り>

残り1点

¥900 税込

送料についてはこちら

◆全220ページ サイズ 135×190mm 署名入り。函は経年による色あせがありますが、本体の保存状態は上です。 ◇ 平畑静塔 明治38年和歌山生まれ。京大医学部在学中に「京大俳句」を発行編集。のち新興俳句運動事件で逮捕。戦後は「天狼」に拠り俳句・俳論に活躍。俳壇の良心として多くの俳人に慕われた。  本著は自句に自解文をつけた句集である。一ページごとに一句とその自解文が収録されていて、総計194句とその自解文で194ページが費やされている。 <目 次> ・自句自解(194句) ・わたしの俳句作法 ・著者略年譜 ・収録句索引 <収録代表句> 神父の汗どっと惜しげもなし場末 一本の道を微笑の金魚売 豊年や明治トンネル口すすけ 坐る余地まだ涅槃図の中にあり 竹切夫竹より細く藪に入る

その他のアイテム