「川柳の味わひ方と作り方」徳川梅声、古川緑波、吉田機司、正岡 容共著 昭和22年 川柳祭社発行
58c51e0e1a704bfeba00a15a 58c51e0e1a704bfeba00a15a 58c51e0e1a704bfeba00a15a 58c51e0e1a704bfeba00a15a 58c51e0e1a704bfeba00a15a 58c51e0e1a704bfeba00a15a 58c51e0e1a704bfeba00a15a 58c51e0e1a704bfeba00a15a

「川柳の味わひ方と作り方」徳川梅声、古川緑波、吉田機司、正岡 容共著 昭和22年 川柳祭社発行

残り1点

¥600 税込

送料についてはこちら

◆全141ページ サイズ128×180 mm 保存状態は、上、並、下のうちの下です。出版当時の状況を反映して紙質は劣悪ですが、珍品だと思われます。 扉に蔵書印が押してあります。裏表紙の所々にしわがあります。写真のようにあちこちしみやよごれややけがあります。 <目次> ・序文「川柳フアン」<序に代へて> 古川緑波 ・漫詩「脳髄」             含宙軒夢声 ・川柳「話の泉」            吉田機司   ・カハヤナギ   ・自然詩人と人生詩人   ・川柳の滑稽味   ・川柳の味   ・洒々落々   ・川柳の表現     用語     修辞上の特質   ・川柳のすがた   ・川柳の内容   ・川柳のエロ感 ・含宙軒川柳放談            徳川夢声    高級ヤミ料理    停電禍 ・感心記                古川緑波 ・発運居柳談              正岡 容   わが川柳随想   「末摘花」の詩   戦後東京・川柳図絵 ・川柳社会側面史 吉田機司   日本美人伝   浮世絵史   寄席風俗 ・朝顔の宿<跋に代へて>        正岡 容

その他のアイテム