「句集・凍港」 山口誓子・著 昭和7年 第二版 素人社書屋
52ea2e633e7a4a4d600001f9 52ea2e633e7a4a4d600001f9 52ea2e633e7a4a4d600001f9 52ea2e633e7a4a4d600001f9

「句集・凍港」 山口誓子・著 昭和7年 第二版 素人社書屋

残り1点

¥2,800 税込

送料についてはこちら

◆全123ページ サイズ132×192mm 保存状態は、上、並、下のうちの並です。パラフィン紙でくるまれています。 経年相応のやけが見返しにあります。 ◇山口誓子の第一句集です。大正15年から昭和7年までのおよそ350句を収録。序文を高浜虚子が書いていて、この句集について「辺境に鉾を進むるの概がある」と述べています。   学問のさびしさに堪へ炭をつぐ  誓子   おほわたへ座うつりしたり枯野星   匙なめて童たのしも夏氷

その他のアイテム